第100回全国高等学校野球選手権記念大会 甲子園 ブラバン応援みどころ

本日開幕の甲子園ですが、100回記念ということで過去最多の56校で優勝旗が争われます。

春優勝の大阪桐蔭高校、準優勝の智辯和歌山高校などが注目を浴びていますが、
応援観点で注目の高校をいくつかご紹介したいと思います。

横浜高校

今年見事に復活を果たした松坂投手の母校。「第五応援歌」などのオリジナル応援歌が魅力です。
8月9日(木) 第5日 第一試合で東愛知代表の愛産大三河と対戦します。

龍谷大平安高校

100回大会で100勝を狙う京都代表の強豪校。「怪しい曲(ボレロ)」などのオリジナル曲が見どころです。
8月11日(土) 第7日 第一試合の鳥取代表 鳥取城北との試合で登場します。
100勝なるかも注目ですが、迫力のある応援にも注目です。

花咲徳栄高校

サスケ」が有名ですが、本当に色々なメジャー曲で応援をする聴いていて楽しい高校です。
8月8日(水)第4日 第四試合で登場。徳島代表の鳴門高校との試合が初戦になります。

大阪桐蔭高校

地区予選を苦しみながらも突破して春夏連覇を狙う北大阪代表の大阪桐蔭高校。大阪地区予選ではブラバンによる応援ができないため、応援団による声の応援でしたが、甲子園では全国屈指のブラバンによる応援の後押しも加わり連覇に向けて強力な後押しがされます。毎年の流行曲やパワプロの曲などこちらも多彩なレパートリーでの応援となり、楽しい応援です。「Brand New Sky」などは応援の声とセットで鳥肌ものの迫力です。

8月6日(月)第2日 第二試合で登場。一昨年の覇者、栃木代表 作新学園との初戦です。



智辯和歌山高校

高校野球応援歌ファンにはもう何も説明することはありませんが、新曲「ミラクルショット」が「ジョックロック」に並ぶ魔曲化してきており、楽しみでしかありません。「アゲアゲホイホイ」化して流行った「サンバデジャネイロ」をアゲアゲ化せずに応援するところがポイント高いです。

8月7日(火)第3日 第二試合で、滋賀県代表の近江高校との試合で初戦をむかえます。



最後に

結局優勝候補の「大阪桐蔭」「智辯和歌山」がそのまま応援でも目立つ形となっていますが、最多の出場校ということもあり、素晴らしい応援がどんどん見つかると思いますので、どんどん紹介していきたいと思います。