応援視点で振り返る甲子園決勝:東海大相模vs仙台育英

第97回全国高校野球 東海大相模と仙台育英の決勝戦。

初回(東海大相模:2 – 0:仙台育英)

東海大相模の攻撃に対する仙台育英の先発は佐藤世那投手。
「校歌」が流れる中、先頭の千野選手レフト前ヒットで出塁。
2番の宮地選手には「クシコスポスト」。エンドランで無事進塁。1死一塁
エルクンバンチェロ」が流れる中、3番の杉崎選手がフェンスダイレクトのタイムリーツーベス。「」が流れるなか、4番の豊田選手も続いてレフト前タイムリー。
続く5番磯網選手へは「鉄腕アトム」。しかしサードゴロで2死ランナー二塁。
6番の長倉選手は「ダッシュKEIO」からの「アフリカンシンフォニー」もライトフライでスリーアウト。

クシコスポスト

対する仙台育英の攻撃は東海大相模の小笠原投手。
先頭の佐藤選手は見逃しの三振。
2番の青木選手には「バンビーナ」も、ショートゴロ。
3番の平沢選手はライト前ヒット。
「サンバデジャネイロ」が流れる中、4番の郡司選手が登場。四球で出塁。
5番の百目木選手には「さぁ行きましょう」も、ファーストゴロで得点ならず。

2回(東海大相模:2 – 0:仙台育英)

「応援歌」が流れる中、先頭の7番竹内選手がレフト前ヒットで出塁。曲の余韻が残る中8番の川地選手が送りバントを決める。続く、9番の小笠原選手には左投手むけ(少し違う)、「サウスポー」の中、セカンドゴロ。トップに戻って千野選手は「交響曲第9番第四楽章」も三振に終わり得点ならず。

交響曲第9番第四楽章

あの有名な合唱の部分の後にくるところですね。

6番先頭の紀伊選手が三振に倒れ、アカペラスタートの「紅」で登場した7番佐々木選手がライト前ヒット。8番谷津選手の「エンターテイナー」の際に盗塁アウト、さらに谷津選手自身も空振り三振でチェンジ。

サッカー日本代表でも聞く、エンターテイナー

3回(東海大相模:4 – 3:仙台育英)

初回と同じく2番の宮地選手には「天国と地獄」。外角の落ちる球を打つもセカンドゴロ。そして続く三番の杉崎選手も初回と同じく「エルクンバンチェロ」からのセンター前ヒット。続く4番の豊田選手には「Tのマーチ」からの「」で3塁内安打。そして、「Tのマーチ」に戻って5番の磯網選手。そしてレフト前タイムリー!6番の長倉選手も初回と同じく「アフリカンシンフォニー」の中連続タイムリー!続く竹内選手は「狙いうち」スクイズ失敗からの「アルプス一万尺」もライトフライ。

裏の攻撃は、9番の佐藤選手はショートゴロで1死。続く佐藤選手がショート悪送球で1死2塁。2番の青木選手はセンター前タイムリーで4-1!続く平沢選手も2塁打で続く。4番の郡司選手もライト前タイムリー!続く5番の百目木選手もセンター前タイムリー。これで1点差。しかし6番の紀伊選手がピッチャーライナーゲッツーでチェンジ。仙台育英のチャンステーマは「純情」。

Tのマーチ

仙台育英のチャンステーマ「純情」

4回(東海大相模:6 – 3:仙台育英)

追い上げられた東海大相模は、「ポパイ・ザ・セーラーマン」をバックに8番の川地選手が四球で出塁すると、9番小笠原選手が初球送りバント、このあおりを受けて恐らく小笠原選手向け「サウスポー」の中1番千野選手はショートゴロ。2死二塁で、2番の宮地選手にはやはり「天国と地獄」でタイムリー。続く杉崎選手も初回からの「エルクンバンチェロ」で四球。4番の豊田選手は「」からの「ダッシュKEIO」が流れるなかレフト前タイムリーもランナーが3塁でアウト。

その裏仙台育英の攻撃、7番の佐々木選手はピッチャーゴロで1死。8番の谷津選手はセカンドフライで2死。9番の佐藤選手は「アフリカンシンフォニー」もセンターフライでチェンジ。

5回(東海大相模:6 – 3:仙台育英)

5番の磯網選手が「鉄腕アトム」で登場するも空振りの三振。続く6番の長倉選手は「アフリカンシンフォニー」でサードゴロ。7番竹内選手はチャンステーマに使われることの多い「アルプス一万尺」もショートゴロ。

対する仙台育英は、1番の佐藤からの好打順。またも悪送球で出塁。二番の青木選手には「必殺仕事人」も初球の送りバントはファール。も送りバント自体は成功。続く平沢選手、郡司選手はまさかの三振・セカンドフライと得点出来ず。

6回(東海大相模:6 – 6:仙台育英)

東海大相模、8番川地選手からの攻撃は「ポパイ・ザ・セーラーマン」もライトフライ。9番小笠原選手にはやはり「サウスポー」でレフトフライ。1番千野選手は「交響曲第9番第四楽章」も三振に終わる。

その裏、5番百目木選手はサードゴロ。続く6番の途中出場の山本選手は四球で出塁。そして代打の西巻選手がレフト前ヒット!続く8番の谷津選手はセンター前ヒット。チャンステーマ「純情」が鳴り響く中、9番の佐藤世那選手は三振で2死も続く佐藤選手がセンターオーバーの同点タイムリー!2番の青木選手はライトフライに終わって逆転できず。

7回(東海大相模:6 – 6:仙台育英)

突き放したい東海大相模は、2番の宮地選手、3番杉崎選手、4番豊田選手と三者凡退。
流れの来ている仙台育英は手拍子に迎えられ3番平沢選手はサードフライ、続く郡司選手は「すきすきソング」の中センターフライ、5番の百目木選手はデッドボールで出塁するも盗塁死でチェンジ。

8回(東海大相模:6 – 6:仙台育英)

「鉄腕アトム」の5番の磯網選手はサードゴロ。6番の長倉選手は「アフリカンシンフォニー」セカンドエラーで出塁。やはりアフリカンシンフォニーのプレッシャーか。7番竹内選手は「アルプス一万尺」からの「ダッシュKEIO」も三振。続く8番川地選手も三振。

この流れで逆転したい仙台育英は、6番山本選手、7番西巻選手はセカンドゴロ、8番谷津選手は三振で流れを生かせず。

9回(東海大相模:10 – 6:仙台育英)

9番の小笠原選手、「サウスポー」が始まる前にホームラン。千野選手は「交響曲第9番第四楽章」もセカンドゴロ。2番の宮地選手は「天国と地獄」の天国なツーベース。この押せ押せの場面で「Tのマーチ」からの「エルクンバンチェロ」でツーベース。そして4番豊田選手が紅の優勝旗を引き寄せる「」でツーベース。「鉄腕アトム」の磯網選手のライトフライで2塁から一気に帰って10点目。続く長倉選手は内野安打、「Tのマーチ」が鳴り響く中ではあるが、続く竹内選手がショートゴロでチェンジ。

4点差を追う、仙台育英高校は代打立山選手がショートフライ、続く佐藤将選手がファーストフライ、2番の青木選手もライトフライでゲームセット。

応援歌視点でのまとめ

東海大相模の個人個人のテーマの合間に挟まる「Tのマーチ」は魔曲を彷彿させる怖さがありました。仙台育英はブラバンよりも声が目立つプレッシャーの大きい応援でした。来年は果たしてどの高校が頂点に輝くのでしょうか。