応援歌視点で振り返る第88回選抜高校野球(2016)1日目

今年も選抜の季節がやってまいりました。昨夏甲子園を沸かせた選手もプロ入りを果たし、一軍に残って話題を振りまく選手もちらほら。

今年の選抜も色々話題はたくさんですが、応援歌視点での注目校はまず智弁学園。本家智弁和歌山と同じく「ジョックロック」を引っさげての登場となりそうです。そして、「怪しい曲」で有名な龍谷大平安。ブラバンそのものが有名な大阪桐蔭高校あたりでしょうか。

今回からは、各校の初戦をまとめるのと、準決勝以降は詳細にレポートをしていく予定ですので、よろしくお願いします!このまとめをチェックして、聞きたい曲を演奏している高校を応援しよう!

 

福井工大福井(北信越・福井)0-4智弁学園(近畿・奈良)

福井工大福井の初回は選手の声出しによる応援でスタート。3番の福田選手は「」4番の北村選手は「LOVE2000」。6番の塚本選手は「We Will Rock You」。満塁のチャンスを作るも、得点ならず。
智弁学園、初回は「校歌」からの「アフリカンシンフォニー」。4番福本選手の一打で、好走塁もあり2点の先制!

2回は7番の島谷選手は「エル・クンバンチェロ」。8番の田中選手は「アフリカンシンフォニー」。9番の山内選手は「サウスポー」。1番の北川選手は「スタンハンセンのテーマ」。いい当たりもゲッツーで得点ならず。その裏、智弁学園は「三番」からの…盗塁でチャンスを作り、早速の…「ジョックロック」。アナウンサーの「おなじみのマーチが聞こえてきた甲子園」は、ジョックロックの知名度を再認識させられます。しかしレフトのファインプレーに阻まれ魔曲不発。

3回、2番の谷本選手は「」。3番の福田選手はロッテ時代の西岡選手の応援歌でもあるスピードスター「Bring on Nutty Stomper fun」。「LOVE2000」を挟んで、5番の浅里選手の応援歌は聞き取れず…。その裏の智弁学園は「SAMBA DE JANEIRO」。

4回、9番の山内選手には「ジンギスカン」。続く1番の北川選手も続いていたこと、チャンスだったことから、チャンステーマが「ジンギスカン」のようです。無失点で抑えた智弁学園は「天舞」からの「ジョックロック」。しっかりタイムリーが出ました。さすがの魔曲ですね。

5回の智弁学園は「KK(君の瞳に恋してる)」からの「アフリカンシンフォニー」。

6回の智弁学園は「ゾナパラ(THE ZONA’S SONG)」からの「ジョックロック」。何度も聞けるジョックロックも不発。

7回も福井工大福井は変わらず、選手ごとの応援歌。その裏智弁学園は「応援歌」からの聞き取れず。

8回、福井工大福井は1死から新たなチャンステーマも聞き取れず…。その裏の智弁学園は詳細不明な名曲からの「ジョックロック」もスクイズ失敗で得点ならず。

9回、代打の北口選手には「Bring on Nutty Stomper fun」その後も、「スタンハンセンのテーマ」「」と名曲続きも、三者凡退でゲームセット。

福井工大福井は、各選手ごとの応援歌、そしてチャンステーマは「ジンギスカン」。智弁学園はイニングごとの応援歌でした。「ジョックロック」を何度も聞けた良い試合でした。

常総学院(関東・茨城)2-6鹿児島実業(九州・鹿児島)

初回、鹿児島実業の攻撃、「ルパン3世のテーマ」から流れるように「」へ。しかし三者凡退。その裏の常総学院はチャンスで「大進撃」からの「睡蓮花」幸先良く2点を先制。

2回の鹿児島実業の攻撃は、「ひみつのアッコちゃん」からの「エル・クンバンチェロ」「タッチ」「さくらんぼ」「どか〜ん」「狙いうち」「アフリカンシンフォニー」へと初回と同様流れるような応援。超有名曲のメドレーを聞ける豪華応援でした。その裏、常総学院は「サウスポー」。

3回の鹿児島実業の攻撃は「」「サウスポー」「狙いうち」「GO!GO!トリトン」「アフリカンシンフォニー」「狙いうち」…パターンが見えてきました。基本的に1−2回繰り返すと次の曲へ行くパターンですね。

4回は、「狙いうち」「GO!GO!トリトン」「アフリカンシンフォニー」「GO!GO!トリトン」「サウスポー」と名曲メドレーの中、連打で同点。その裏の常総学院は詳細不明な曲。

5回は「さくらんぼ」「」「サウスポー」「狙いうち」「どか〜ん」で勝ち越し。その裏の常総学院は「SEE OFF」からの「エル・クンバンチェロ」からのチャンスで「アルプス一万尺(Yankee Doodle)」も得点ならず。

6回も「ルパン3世のテーマ」「エル・クンバンチェロ」「どか〜ん」本塁打で突き放す。その裏常総学院は「神風」「SEE OFF」でチャンスを作るも無得点。

7回の鹿児島実業は新曲として「東京音頭(※)鹿児島児島おはら節」、「サウスポー」。常総学院は引き続き「神風」も得点ならず。

8回の常総学院は「睡蓮花」も三者凡退。

9回は「ルパン3世のテーマ」「ひみつのアッコちゃん」「サウスポー」「アフリカンシンフォニー」「GO!GO!トリトン」「サウスポー」の中、2点の追加点。後のない常総学院は「アルプス一万尺(Yankee Doodle)」「SEE OFF」も反撃ならず。

鹿児島実業は途切れない応援歌、常総学院はイニングごとの応援歌が基本だったようです。

桐生第一(関東・群馬)5-9滋賀学園(近畿・滋賀)

初回、滋賀学園は「サウスポー」「We Will Rock You」「ポパイ・ザ・セーラーマン」「SEE OFF」とメジャーどころのスタート。その裏の桐生第一は声がけ中心の間にチェンジ。

2回、滋賀学園は「SAMBA DE JANEIRO」「サウスポー」「We Will Rock You」の中3点先制。

3回、滋賀学園は4番馬越選手は「ポパイ・ザ・セーラーマン」5番松岡選手は「アフリカンシンフォニー」6番山口選手は「宇宙戦艦ヤマト」、7番西村選手は「SAMBA DE JANEIRO」。その裏の桐生第一高校の応援は「ひみつのアッコちゃん」チャンスで「アルプス一万尺(Yankee Doodle)」「アフリカンシンフォニー」も得点ならず。

4回、滋賀学園は8番小浜選手は「SEE OFF」1番徳留選手は「SAMBA DE JANEIRO」2番井川選手は「サウスポー」3番後藤選手は「We Will Rock You」その後、「ポパイ・ザ・セーラーマン」「SAMBA DE JANEIRO」。その裏、桐生第一は「学園天国」「サウスポー」「アルプス一万尺(Yankee Doodle)」も得点ならず。

5回、桐生第一高校は「大進撃」「ひみつのアッコちゃん」も得点ならず。

6回、桐生第一高校は「アフリカンシンフォニー」「ヒットパレード」「サウスポー」も得点ならず。

7回裏チャンスを迎えた桐生第一は「アルプス一万尺(Yankee Doodle)」による応援。

9回も「ヒットパレード」「アルプス一万尺(Yankee Doodle)」も及ばず。

滋賀学園は選手ごとに応援歌が、桐生第一はチャンステーマが目立った試合でした。


 

※Kazuhiro Jona-Josef Matsumotoさまよりご指摘を受け、修正いたしました。ありがとうございます!