高校野球応援歌まとめ

甲子園の応援ブラバンをまとめました。高校野球の応援歌をカテゴリや年代、ランキングでまとめています。自分の応援歌で悩んでいる現役高校球児から懐かしいあの曲を探している野球ファンのためのサイトです。

*

応援視点で振り返る第89回選抜決勝:履正社vs大阪桐蔭

   

 

試合結果

大阪桐蔭高校の藤原選手の先頭打者ホームランで幕を開けた選抜決勝。とてもテンポの良い投手戦で、8回に履正社が追いつくも、9回代打西島選手の勝ち越しツーランなど本塁打攻勢で8-3と大阪桐蔭高校が優勝しました。

大阪桐蔭高校はブラスバンドが全国レベルで有名ですが、履正社の応援もなかなか盛り上がっていました。それぞれの高校別で振り返ってみたいと思います。

履正社

3点差を一気に追いついた、8回裏の攻撃では、履正社OB山田哲人選手の応援歌に乗せて出塁。ロッテのチャンステーマもそうですが、高校野球の応援歌にプロ野球の応援歌を使うシーンが増えてきている気がします。

 

出塁からの「情熱大陸」からの安田選手は「」そして、「SAMBA DE JANEIRO (アゲホイ)」で一点を返す!「SAMBA DE JANEIRO」は応援のかけ声で「アゲアゲホイホイ!」のかけ声から「アゲホイ」と呼ばれることも。この履正社が準決勝で対決した報徳学園のアゲホイがすごいがすごいのでご参考までに。

そして、「ロッテ チャンステーマ3」で同点!

大阪桐蔭高校

毎年流行りの曲を欠かさず入れてくる大阪桐蔭高校ですが、今年はやっぱり期待に応えて「恋」「前前前世」を演奏してくれました。乗りやすそうな名曲ですが、定番曲にはなりにくそう。


また、代打で出場した根尾選手には、「パワプロ」。野球ファンならきっと誰しもがやったことのある野球ゲームですが、これまでドラクエやFFの曲があって、なぜこれが目立たなかったのか、というくらいあってしかるべき曲ですね。

今大会一いいなと思ったのは「ウィリアム・テル序曲」。映画「ローンレンジャー」などでも有名な曲ですね。実は「ブラバン甲子園」というCDに入っているものの実際に応援している高校をあまり聞かなかったのですが、入っている理由がわかりました。演奏だけだとイマイチだなーと思っていましたが、大声援と合わさると威圧感・盛り上がりハンパない一曲です。9回表のホームラン直後からのこの「ウィリアム・テル序曲」は怖さ抜群でした。夏の流行曲になる予感。

 

やはり高校野球の応援は演奏の上手さも大事ですが、声援と合わさって演奏だけではない+αがいいですね!

 

 - ニュース , , , , , , , , , , , ,