クシコス・ポスト

ウィリアム・テル序曲」と並び、よく運動会で流れている曲。ドイツの作曲家、「ヘルマン・ネッケ」作曲。

東海大相模高校では、2番打者の応援歌として使われていた。打者のためなのか、塁に出ている1番打者のためなのか、いずれにしろ高校野球において足の早い選手が担うことの多い打順に対して、なんとなく雰囲気があう曲。

応援がつくと、運動会で聞いた場合と少し違い、意外とかっこいい曲となる。

「クシコス・ポスト」とは、「郵便馬車」という意味であり、運動会の他にはゲーム内の音楽として使われることも多い。

東海大相模のクシコス・ポスト

クシコス・ポストの原曲

クシコス・ポストの楽譜