高校野球応援歌まとめ

甲子園の応援ブラバンをまとめました。高校野球の応援歌をカテゴリや年代、ランキングでまとめています。自分の応援歌で悩んでいる現役高校球児から懐かしいあの曲を探している野球ファンのためのサイトです。

*

レッツゴー習志野

 

ブラバンが全国トップクラスの習志野高校オリジナル曲。
作詞・作曲は同校の吹奏楽部員と顧問の先生によるもの。

その演奏技術の高と相まって、押せ押せ感が非常に強いです。しかしながら、その応援のボリュームがすごく、それに関連して、高校野球連盟から注意を受けたことも。

昨夏の甲子園において、最もアルプスを沸かせたのが習志野(千葉)のブラスバンドだった。全国トップレベルの同校吹奏楽部には、30年以上前からオリジナルの応援歌「レッツゴー! 習志野」があり、チャンスの度に美しい爆音を奏でて味方の背を押し、相手校を威圧した。今夏は予選で敗退。甲子園で彼らの演奏を聞けないことを残念がるファンも多い。吹奏楽部顧問の石津谷治法は、『週刊朝日増刊 甲子園2011』における筆者のインタビューで次のように語った。
「勝てば選手のおかげ、負ければブラバンのせい。ブラバンも勝負の命運を握っていると思う。うちらは相手校にプレッシャーをかけていきます。(重低音を奏でる)スーザフォンを11台用意し、相手ベンチからの指示を聞こえなくしたり、マウンド上での会話をしにくくしたりするんです。気の弱いピッチャーなら、この爆音にやられて崩れますよ」

 ちなみに、この発言を高校野球連盟は問題視した。学校関係者や野球部監督の小林徹を呼び出し厳重注意し、石津谷が甲子園に姿を見せることはなかった。まさか石津谷も本気で相手の野球を邪魔しようという意図はなく、「ブラスバンドもナインと一緒に甲子園を戦っている」とリップサービスしたに過ぎない。だが、閉鎖的で了見の狭い高野連には受け入れられなかった。

 ※週刊ポスト2012年8月10日号

オリジナル応援曲 レッツゴー習志野

ちなみに、同校出身の福浦選手の応援歌として千葉マリンスタジアムで同校の吹奏楽部により応援されることもある。

福浦選手の特別版、レッツゴー習志野

 - 楽曲 , ,