エル・クンバンチェロ

こちらも定番の曲。曲名はぱっと出てこないかもしれませんが、聴けば間違いなく聴いたことのある曲。

プエルトリコ出身のラファエル・ヘルナンデスが作曲したラテン音楽で、
「エル・クンバンチェロ(El Cumbanchero)」とは、「太鼓を叩いてお祭り騒ぎをする人々」
とある通り、チャンステーマとして使われることの多い曲。

定番パターンの習志野高校エル・クンバンチェロ

常葉菊川のメロディ重視エル・クンバンチェロ

エル・クンバンチェロの原曲・楽譜